読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末は死なない

主にゲーム日記を書き殴ってみる

PS4のホラー風味なゲーム2本

「リトルナイトメア」と「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」

同じ時期に2本出てて、ちょうどGWの10%割引クーポンがあったから両方買っちゃったよ。

「リトルナイトメア」

ゲーム的には「LIMBO」とか「INSIDE」みたいな横スクロールノーヒントパズルアクション。
2,480円。だった気がする。
グラフィックの質感がとても良い。
まだ30分くらいしかやってないけど、結構面白そう。
ちょっとボリューム不足とか言われてたのが気になる。
まぁ短かい分にはいいかなー。

「フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと」

「Everybody’s Gone to the Rapture –幸福な消失–」みたいな、主観視点でウロウロして追体験していくみたいなゲーム。
2,200円。 「Everybodys〜」は移動が怠くて、あと広すぎて序盤で投げ出しちゃったけど、こっちはなんか続けられそうな雰囲気。
家の中っていう限定された空間だし、ストーリーも序盤からお?と思わせるような感じで面白そう。
あと移動して調べての中にちょっと操作しなきゃいけないものとか、操作性が変わったりするものがあったりしてちょっとしたところで飽きさせない工夫がされてる。感じ。
序盤にいきなり捕食者を体験させられるとは思わなかったよ。

先が気になるのは「フィンチ家」かな。
こっちを先になっていこう。